魂のふるさと

「魂のふるさとに触れて呼吸がらくになりました」とお客さまが言っていました。息を吐いてその後十分にたくさん吸える。それはどんなに安心なことでしょう。お帰りになった後、呼吸が自然に深くなっていくことでお客さまの情熱が蘇ってくる様子が浮かぶようでした。ヒプノセラピーのセッションでは魂のふるさとを感じていくことが出来ます。

4月4日満月の日のSara Marielleさんの音と光のサウンド・サークルで、わたしは宇宙的な規模で生きていることを感じました。宇宙の広がりを外側へも内側へも感じたのです。魂のふるさとが宇宙にあっても不思議ではありません。

ずっとハッキリしない孤独を感じていた、断片的に何かをキャッチしてはいるものの何だろう?など、このような思いがあって、知りたいと望んでいるのでしたら、あなたの潜在意識の準備が整い、魂のふるさとに触れるチャンスなのかもしれません。

ゴールデンウィーク、休まずに営業いたします。お申込み、お問合せ、お待ちしています。