ムスヒ・イベント情報【沖縄sangoとムスヒのコラボ・・自分の本当の音・本音に触れよう】

【自分の本当の音・本音に触れよう】
沖縄にある一般社団法人sangoさんとのコラボワーク、始まります!!
須賀川にある水彩カフェのオーナー小窪幸子さん、会津強清水の千本蕎麦のオーナー馬場千枝子さん、そして、二本松のムスヒ浦山重子が福島チームとなって、沖縄sanngoさんとのコラボワークが始まったのは今年の6月。この度4回目の来福になります。(須賀川はお休みです)
 
今回は《自分の本当の音・本音に触れよう》をテーマにして、下記の5つのワークショップ、個人セッションを開催いたします。
 
本音がなかなか分からない
いつも同じパターンで失敗してしまう
身近な人へ思っていることを伝えられない
小さいころのことを思い出すと苦しい
周りに流されてしまう
自分の本音を大切にしたい
自分を大事にしていきたい
・・・・・・・・・・などを感じていらっしゃる方、参加してみませんか?
 
二本松・・12月7日(木)〜10日(日)
*本音に触れようワーク
 日帰り3時間コース
 ファミリーコース
 一泊断食コース
*裡なるワークコース
*個人セッション
 
強清水・・12月11日(月)〜12日(火)
*お掃除ワーク
 
 
 
<日帰り3時間ワーク>  クービック予約システムから予約する
 
たっぷりのワークで、本来の自分を思い出す、開く、気付くきっかけの時間になります。
 
12月7日(木)13:00~16:00
松風庵101 (二本松市竹田・・詳細はお申込みの時にお知らせいたします)
8、000円
8名さま
  
 
 
 <ファミリーコース> クービック予約システムから予約する
 
赤ちゃん連れのお母さんも参加しやすいワークを取り入れました♪
赤ちゃんにもちゃーんと意識、気持ちがあります。
それは、純粋な本当の音。お母さんも自分の本当の音に触れ、響きあいたいですよね。
60代・70代・80代の親さんとその息子さん、娘さんも大歓迎です♪  
今更・・?? 
いえいえ、、今だからこそお互いの本当の音に触れ合うことにトライしてみませんか?
 
12月8日(金)13:00~16:00
松風庵101 (二本松市竹田・・詳細はお申込みの時にお知らせいたします)
8、000円 (親子などお二人での金額です。お一人で参加の方も大歓迎!!お一人の場合も同額8,000円です)
8組
 
 
 
<裡(うち)なるワーク>クービック予約システムから予約する 
 
また、今回特別に裡(うち)なるワークを開催します。
裡・・全てのものの内側、こちらからは見えない向こう側、内部、心の奥。その裡なるワークです。
霊的に敏感な方、人混みでぐったりしてしまう方へのヘルプワーク。自分の身体のケアのポイントをお伝えして、実際にワークしていきます。
 
12月9日(土)9:30~12:30
松風庵101 (二本松市竹田・・詳細はお申込みの時にお知らせいたします)
10、000円
7~8名さま
 
 
 
<一泊断食コース>  クービック予約システムから予約する
 
思い切って宿泊できる方へ。
今回は断食会をいたします。断食会と言ってもsangoとのコラボワークは完全断食ではありません。初心者でも安心してトライできるものです。
日中ワークをしていきます。このワークが面白いのです。食べることへエネルギーを使わないことで、自分の内側を感じやすくなっていきます。安心して自分を開き、本当の音・本音を受け取ってみませんか?

12月9日(土)14:00 ~ 10日(日)15:30

松風庵 101 (二本松市竹田・詳細はお申し込みの方へご連絡いたします)

30,000円(当日お支払ください)
                      別途寝具代1,500円

宿泊に必要なもの。パジャマ、着替え、洗面具、入浴に必要なもの。筆記具

湯たんぽなど必要な場合お持ちください。

 

 

 
_____
 
【sango】
 
沖縄北部”やんばる”の豊かな自然の中で、あらゆる命と助け合い、自分を成長させる霊的な学びを実験・実践しているコミュニティーです。
「人と自然が共にある暮らしづくり」を大切に、日々の生活を営みながら、共に成長する場、生き方を伝え合う場として、活動しています。
ここで私達は、愛・平和・調和・笑いを大切に、泣いたり笑ったり怒ったり、素直に自分を表現し、それを許し合う中で、魂に正直に生きることを日々実験しています。
来ていただく皆さんにも、自分をめいいっぱい許して、自由に何でも表現して、本当の自分を見つけて貰えたら嬉しいです。
立派なリトリートセンターではありませんが、この豊かな自然と、コツコツと失敗しながら作った手作りの空間の中で、ちょっぴりお茶目な私達とも、たくさんの愛を分かち合えたら幸いです。
_____