フラワーエッセンスとは

Bach Flower essence


バッチフラワーエッセンス

世界中でよく知られている心を癒す花のエッセンスです。
精油とは違い、香りはありません。

フラワーエッセンスの起源は古く、一説には太古より使われてきたと言われています。

近代(1930年代)になり、体系づけたのは、イギリスの医学博士エドワード・バッチ(1886年~1936年)です。バッチ博士は医師として腸内細菌の研究をしていました。数多くの臨床例を観察していくうちに、身体に起こる様々な不調や病気や症状は、それを生じさせるたいへん微細なエネルギーの乱れによることに気付いていきます。その微細なエネルギーとは人の心や気分と言えます。そして、身体に直接働きかけるものではなく、その微細なエネルギーに働きかける治療薬を植物の中に発見していったのです。

これが、38種類のバッチフラワーエッセンスです。

バッチフラワーエッセンス

現在では、医薬品ではなく、代替医療の中の一つとして広く使われています。化学成分が一切含まれず、副作用の心配はなく、常習性もありません。赤ちゃんからお年寄りまで、また、植物や動物、空間にも安心して使うことができます。

フラワーエッセンスは、太陽の光や火の力を用いて花のエネルギーを水に転写してつくられます。人間の内面の世界である感情、知性、精神、霊性といった領域に働きかけることによって、必要な気付きや癒しをもたらします。

 当サロンでは、補完の形でフラワーエッセンスを用いていきます

カウンセリングとオーリングテストで、お客さまに必要なエッセンスを選んでいきます。

 


 

【料 金】

セッション時に浮上したテーマのサポートとなるエッセンスの必要があれば、その場でボトルをお作りさせていただきます。

■1本 2,250円(ボトル代金込み) 

img_l